豊胸で谷間を作る

施術台

リスクの少ない豊胸手術

寄せて上げるブラジャーを使ってもバストに谷間ができないというコンプレックスは、銀座の美容外科クリニックで解消することが可能です。美容外科クリニックでバストの悩みを解消する美容整形といえば豊胸手術ですが、谷間を作りたいのであれば「乳腺下法」という術式が向いていると言われています。乳腺下法は乳腺と大胸筋の間に人工シリコンを挿入するという術式で、最も身体の浅い部分に人工シリコンを入れていきます。銀座の美容外科クリニックでも多く行われている術式で、人工シリコンの動きや柔らかさをより感じられるというのが特徴です。近年、美容外科クリニックで使われている人工シリコンは手触りなどが、本物のバストと変わらないくらいに進化しています。バストの浅い部分に柔らかな人工シリコンを入れることで、触った時にも不自然な印象がなく、また谷間も作りやすいようです。また谷間を作るという以外にも出産や授乳、加齢で下垂してしまったバストのアップにも、乳腺下法は向いています。乳腺下法を受けることでバストのサイズは大幅にアップできますし憧れだった谷間もでき、コンプレックスだったバストが逆に自信を持てるパーツとなるでしょう。ただし、バストサイズはAカップ以下という人やバストの皮下脂肪が少ないという人の場合、乳腺下法だと挿入した人工シリコンが悪目立ちしてしまうことがあるようです。もし、このような体型の人が銀座の美容外科クリニックでシリコンバッグ挿入法を受ける場合は、バストに脂肪が少ないケースでも自然な仕上がりになる術式を選ぶと良いでしょう。

シリコンバッグ挿入法に興味はあるけれど、術後の痛みが不安でなかなかチャレンジできないという人も多いかもしれません。バストに人工シリコンを挿入する豊胸手術の中でも比較的、術後の痛みが少ないと言われているのが「乳腺下法」です。銀座などを初め東京都内の美容外科クリニックであれば、ほとんどで施術を受けられる、とてもポピュラーな術式です。大胸筋や筋膜を剥がして人工シリコンを入れる術式の場合、これらの施術を行うことによって術後の痛みは強く出る傾向にあります。乳腺下法の場合は乳腺の下という浅い部分に人工シリコンを挿入するので、他のシリコンバッグ挿入法よりも手術後の痛みは軽いようです。手術ですので全く痛みは出ないということは無いものの、1週間から10日ほどで痛みはだいぶ軽くなると言われています。また、人工シリコンをバストに入れる豊胸手術の場合、出産後にちゃんと母乳が出るのかどうかが気になるという人も、多いのではないでしょうか。女性にとって大事な妊娠・出産・授乳に悪影響が出るのであれば、豊胸手術は避けたいところですが、乳腺下法であれば授乳に問題は無いと言われています。このように、乳腺下法はリスクの少ない術式と言われていますが、やはり施術を行うドクターの腕次第で仕上がりは大きく変わってしまいます。後遺症や失敗のリスクを少しでも軽減したいのであれば、シリコンバッグ挿入法を得意とするドクターがいる美容外科クリニックを選ばなければいけません。美容外科クリニックが都内でも集中している銀座エリアには、技術力・知識の高いドクターが多いので安心してシリコンバッグ挿入法も受けることができるでしょう。